Hajime notes

謎を食べて生きる

ピーナッツバターとバターピーナッツ──形而上学の息吹

(副題はちょっと大げさかもしれませんが…)

 Mさんとお話していて、最近の「おやつ」にスキッピーを買った、と話した。「スキッピー」はピーナッツバターの商品の商品名。食パンにつけていただくやつですね。(ところで「ピーナッツバター」は、口で言うときには「ピーナツバター」と促音の「ッ」を抜かして言いませんか? 「体育」を「たいく」と言ってたりするようなものかな?)

 そしたら最初Mさんは、ぼくが何か「ピーナッツ」の話をしていると思っていたようで、それが後から判明してきた。たしか「バタピー」という商品があったと思うけど、「ピーナッツバター」でなく「バターピーナッツ」と思ったら、そうか、バター状、クリーム状になった、食パンにつけるアレではなくて、バター風味のするピーナッツのことだと思っても、おかしくないかもしれないわけか。

 「○○‐△△」という語句があるときに、だいたいにおいて、○○の方が形容詞的で、△△が名詞的になる気がする。後ろに来る方が本体というか、メインというか、になるんじゃないかな?

 何かいい例はないかなと思って探していたのだけど、直ぐに浮かんだのは、「あおみどり」と「みどりあお」。(中学の時に美術の時間に12色相環と言って習った覚え。しかし、その後どちらの言葉も実地に使われた記憶はほぼないな。)

 「あおみどり」は青っぽい緑。「みどりあお」は緑っぽい青。だから、「あおみどり」は緑に近く(緑の仲間)、「みどりあお」は青に近い(青の仲間)。

 「ほら、ね、後ろに来る方が、何て言うのかな、本体というか」
 「メインって感じ?」
 「そうそう」

 Mさんも例を探してくれて、「マジックミラー」と「ミラーマジック」。ミラーマジックの方は、すでに登録された語彙としてあるわけじゃないかもしれないけど、そういう語句は作れそう。作ってもあまり不自然な感じはしないような気がする。

 「あ、すごい、そうそれも、マジックミラーはあくまでミラーで、ミラーの一種で、ミラーマジックはあくまでマジックがメインで、マジックの種類で。」

 「マジック‐ミラー」の例がいいなと思ったのは、違うタイプの語句の組み合わせでできているところ。「あお‐みどり/みどり‐あお」だと、「あお」も「みどり」もどちらも色名で、だから交換がしやすそう。こういう、交換できそうな例が、探してもなかなかなかったりもして。

 「ミラー‐マジック」の「ミラー」は物(道具)の名前だけど、「マジック」は行為の名称。タイプの違う語句だと考えられそう。元々の「ピーナッツ‐バター」はどっちも物の名前と考えられそうで。交換にあまり面白味がない(笑)というか?

 しかし。「ピーナッツ‐バター」も、細かく考えると、ちょっと違うかな、と思ったのだった。というのは、「バター‐ピーナッツ」においては、「バター」も「ピーナッツ」も両方物(素材)の名前として使われているだろう。しかし、「ピーナッツ‐バター」の方は、「ピーナッツ」は物(素材)の名前だけど、こっちの「バター」は、素材としてのバター(牛乳から出来ていて、発酵させて作るアレ)ではなくて、「バター状になった、クリーム状の」という意味の、いわば形状の名前だ。

(ちなみに「あお‐みどり/みどり‐あお」の場合は、交換を経て語のタイプが変わらず、「等価交換」とでも呼べるかもしれない。)

 あと考えたり道端で見つけたりした例は、どれもうまい例ではないのだけど、

・「焼肉」と「肉焼き」、「焼き魚」と「魚焼き」(これらは両方とも「後ろがメイン」の法則に合致しそう。)

・「タン塩」と「塩タン」(なぜ「タン塩」と言うのだろう? それじゃ塩になっちゃわない? 本来――と言えるかどうかもちろんわからないが、「後ろメイン」理論(笑)によれば――塩タンと言うべきでは?)

・(本名で話したけど、ここでは有名人物の名で)「豊臣秀吉」と「秀吉豊臣」(「後ろがメイン」だとすると、日本式の言い方(氏‐名の順)は個人がメインで、英語等はファミリー(家)がメイン?――まあこれは戯言(笑))

・「上杉医院」と「医院上杉」(後者はなんか「気取ってる」(笑)。片仮名で「医院ウエスギ」って書きたい感じ。「医院」であることよりは自分メインで出したいのね、みたいな?「後ろメイン」(エセ)理論によると。)

 *

 さて。まぁちょっと面白かったということなんですが、つまりは、ちょっと、か、かなり、牽強付会して言ってみると、このようなところに、言語哲学的‐形而上学存在論)的な 息吹 を感じたということなのでした。語の使用規則みたいなところから、実在の構造に分け入っていく、という感じでしょうか。
 あとしかも、ちょっと「子どもの哲学」的なものを感じたりして。

 Mさんが思い違いをしてくれたおかげなのでした。

“「システムしかない世界」への抵抗”

テイがガチになる「システムしかない世界」への抵抗http://arabic.kharuuf.net/archives/2216

 

興味深い。「面白い」と感じる。
(ちょうど「ポリコレ(→PC)」に関して、先の記事(「(モラル・)ハラスメントについて」)で一瞬触れたので、それもあって。)
擦り合わせる言葉は、たぶんまだそれほど持ち合わせていないけれど、それでも違和感を言葉にしてみる(そしてこれがひいては「抵抗」の「散種」でもあると思う)なら、ここに「子ども」を対置させてみたい。
「戦い」(「抵抗」かな?)は「遊び」のようにしてなされるべきではないか、という気がするが、どうだろうかなぁ…

 

以下は記事からの抜粋。

 ****************

>「PCというのは基本的に『正しい』だからね。これとどう戦うのかというのは、すごく難しい」

>いささかベタですが、ざっくりと「資本主義への抵抗」ということで言うなら、カサブタ的言説一つひとつは、わたしたちの人間性を防衛する方向で働いています。問題は、これが相互に連結されスターリニズム的な大きな物語となり、体制化することです。この体制化というのは、極悪非道な権力者が無茶苦茶をする、ということではなく、人民自ら「システム化したカサブタ」を内面化し、単にカサブタに過ぎなかったものを自然の皮膚であるかのように振る舞いだすことです。つまり「テイ」をガチに受け止めてしまう、ということです。これが正に、現在進行している「世界の左傾化」、スターリニズムディストピアの支配です。

>これは言わば、「隠された意味」を探す神経症から、総ての意味が現前している精神病への転回です。

>システムのない社会というものはありません。(…)しかしシステムしかないなら、それは社会ですらありません。

>ここで投げたいのは「正しいことは正しいのか」という愚問です。

>わたし個人としては、そうした「小さい」外山恒一を愛おしく思うし(声の大きい者にロクな奴はいない、声が大きい時点で例外なくクズなのだ)

>多分、この運動は組織の大規模化ではなく、外山恒一の複数化を志向しなければいけないのでしょう。

>氏が一番力を入れているのは春夏の学生向け合宿であり、運動スタイル自体を「どんどんパクれ」と勧めています。(…)散種されたものが変異し走り出すしかおそらくは方法がないのでしょう。

>叩けば埃が出るくらいで丁度です。むしろ積極的に少し「悪人」でなければなりません。

言葉の「はばかり」について

 ブログを始めましたが、それは自己紹介にも書いたように、SNSで長い文章を書くことがあるからでした。具体的に言えばFacebookとかですが、なんとなく、「雰囲気に合わない」ような感じがしたり。

 その前は(今も)mixiを利用していて、それも最初は、永井均先生のゼミに無所属生として通っていた頃、永井ゼミの関連の方々の間でmixiの利用が始まったからでした。たしか永井先生からやってみれば?とお誘いを受けた気がします。

 最初は自分で何かを書くのも全然していなかったと思いますが、そのうち恐る恐る書き始めた気がします。

 *

 と、思い出すことをつらつらと書いてしまおうかと思いますが、高校の時に山岳部に入っていて、そこで「部誌」という存在がありました。活動日誌よりももっとどうでもいいような存在で、単なるノートにみんなが好きなことを書いているというものでした。

 最初はその「部誌」の存在も、すごく「恥ずかしかった」ような記憶があります。周りのみながどんなことを書いていたかというと、まあ、こないだこんなことがあったとか、好きなモノ、音楽、場所とか、まぁそんな感じでしょうか。(だからそれがいたって「普通」かもしれないことなのに、なぜそんなに「恥ずかしい」ことなのか、ちょっと謎なことでもあります。)

 だけどなんか、「一念発起」というのはちょっと違いますけど、なんだか突然「キレた」かのように、そこに何かを書いた覚えがあります。「こんな恥ずかしい部誌に書いてます」という、自分の書いた文言の記憶があります。

 その後は各々わりと「地味」めな(男子)部員たちも(笑)、それぞれの「創作」めいたことを書くようになったりして、思えば「部室」における「部誌」の存在が、かなりのウェイトを占めるものになっていったような記憶です。

 *

 さて、mixiまで話していました。
 mixiは永井ゼミの関連だったので、永井先生はじめ「哲学」の話題が多いものでした。(永井先生mixiの日記は書籍にもなっています。『哲学の賑やかな呟き』)それはそれでそれなりに「楽しい」(まぁ簡単に言っちゃえば)ものでした。

 そのうち、Facebookなりtwitterなりの存在も出てきはじめますが、自分にとっての「主戦場」はしばらくmixiでした。

 と言っても、最初は自分で何かを書くということもあまりしなかった(と思う)のですが、これもあるときから「書き始めた」ように思います。

 それに関してはまたちょっと複雑なものもありますが、というのは、まあいまやアレですが、このブログではすでに自分の実家である「天理教」のこともオープンにして書いていますが、当時は「天理教」なんていうワードはぜんぜん出す気になれなかったですね。「宗教」ですら。

 今から考えると、まあメチャメチャ「抑圧」があったんだろうなぁという感じがしますが。ですがある時に、このまま「哲学」を続けるのに、「宗教」(そしてひいては「天理教」)も、避けて通れないなと思ったことがあり、それについても「考えていこう」と思ったのでした。

 で最初は「天理教」なんてワードは出せず、「宗教」や「信仰」どまりだったと思いますが、それですらかなり「おっかなびっくり」だったと思います。周りからどう見えたかはわからないんですが。

 一度どっか(たぶんmixi)で書いたことあるんですが、「内臓」「皮膚の内側」が出てしまうような、ヒリヒリした感覚というのが、自分の「言葉」を出す際に伴うような感じも(ときに、ないしつねに)ありました。

 *

 さて、こう書いてみると、タイトルの「はばかり」ということですが、つまり、今でも、何か書こうとする場合に、もちろんそれを人の目に曝そうとする場合に、「はばかり」を感じるのですが、それはなぜだろうかということがあって、その理由ですが、おおよそのところは明らかなんですかね。

 つまり、以前の、強烈な「恥ずかしさ」、「恐る恐る」「おっかなびっくり」「ヒリヒリする感じ」がいまだその残滓が残っているということ。

 と言っても、もうそんなことすら書いちゃってるわけですから、周りの人から見れば、んなことぜんぜんないじゃん、てなことにもなりそうな気もします。

 一つ思うのは「過剰適応」の気味もあるんじゃないか、ということ。どうだろうな。

 やや難しく考えるとすると、以前「「勉強なんかできなくてもいい」について」で書いたような、「信仰について哲学することは悪魔のようなこと」なんでないか、というような問題にもつながるような感じもあります。

(あとは、もっと極端に「哲学風味」――あくまで風味――で言うなら、「言葉を語ることは全て嘘を騙ることだ」とでも言ってみたいような気もありますが…まぁでもこれとりあえずは「自己論駁的」ですよね。)

 *

 ちょっと行きがかりがてら、話を敷衍することにして、上のは言い過ぎだけど、「言葉を語ることは全てどこかはしたないものだ」くらいに「弱めて」やれば、どうでしょうか。何となく、シンパシー程度感じるものがありますが…。そのシンパシーからすると、だから「言葉を語るときには全て何らかの大義を持って語るべきだ」という規範的文言にもシンパシーが感じられます。

 そしてさらに、これを、「どうなんだ?」と考えてみたいわけですが。というのは、「哲学対話」なんかからも思うことですが、「会話」と「対話」という対比を考えることができるように思っています。「対話」とは、ある主題に関して、そこでの話の道筋(永井ゼミ的用語では「論脈」、あとはまあいわゆる「ロゴス」)を厳密に追いかけるようにして、なされるもの。「会話」とは、まあ雑駁に、そういう仕方以外での言葉のやりとりです。

 会話というのはだから、「無意味」というのは言い過ぎですが、上で使った言葉で言うなら、「大義」を持たない言葉のやりとり。言葉を使うときに、何らか「大義」があるべきでしょうか? そうでない言葉のやりとりは、単なる「くだらない」ものでしょうか?

 以前に「くだらない」ものの「意味」ないし「意義」について考えたことがありますが(それはまだブログ開設前で、各SNSに載せました)、まあ、「くだらない」ものは「無意味(無意義)」だからこそ、そう呼ばれるわけですが、意味(意義)のない言葉、言葉にならないような言葉を発することは「叫び」に似た効果があるんではないかな、という趣旨のことを書いた覚えです。

 まぁ、単に当たり前の、それこそつまらないことかもしれませんが…、までも「くだらない」まで極端に考えなくても――おそらく、いつもまず極端を考えようとするクセがありそうーー、会話ということで普通に考えれば、それはそれなりの意味(意義)を持っているように思います。例えばそれは「毛づくろい」みたいなものに似ているものかもしれません。で? それ以上の何が言いたい? 何かあるの? ……以前の記事のリンク(「会話」の意義について)を貼ってお茶を濁すことにいたします。(以上、脱線でした)
 
 *

 さて、「はばかり」の正体、何だろうか。

 わかりません。それでも、「はばかり」があるよ、と言って(書いて)みました。これは「外堀を埋める」感じでしょうか。「正体」であるところの「お城」「本丸」にはまだたどり着いた感じはありませんが…

 が、しかし、「ゼロ」を目指さなくてもいいのかもしれませんね。

 いずれにせよ、ボチボチやっていくことにします。

(モラル・)ハラスメントについて

 以下は、長大なエアリプ(宛先を指定せずに念頭にある誰かに向けて書くこと)のような感じです。

 ☆☆☆

 なんとかハラスメントというのが、たくさんありますね。セクシュアル、パワー、アカデミック、…なんか考えようと思ったら無数にあるみたいにも思えますけど、とりあえずいちばん有名なのはセクハラでしょうか。(あんまりいろいろ考え過ぎるのもそれはそれで問題みたいなことも、もしかしたらあるのかも。どなたかが「硬直したポリコレ(ポリティカル・コレクトネス)的問題」とか言ってたのを聞いた(読んだ)ことありますが…)

 その中の一つに、モラル・ハラスメントモラハラ)というのがあるらしいです。どういうアレか、ちょっと難しいようにも思いますけど、おそらくこうかなと思うのは、まあつまり、「モラル」=ある種の「美徳」、を盾に、嫌がらせや人格攻撃をしてくるということみたいです。いわゆる「精神的」な嫌がらせだと思いますけど、「言葉の暴力」なんて言葉もありますけど、場合によってはこの「破壊力」は凄まじいみたいですよ。「人格攻撃」と書きましたけど、その期間や程度によっては、「人格破壊」にも至りうるもののようです。

 「ハラスメント」というのは、そこにある種の「不正」を読み取るということじゃないかと思います。
 「不正」ということで考えるとすると、ここからはとりあえず自分の考えですが、不正を為す人(いわゆる「悪人」でしょうか)がなぜ不正を為すのかについて、大別すれば、とりあえず二つに分けられるかなと思います。
 一つは「愚かさ」から来るもの。それが「不正」であるとは知らずに為している場合です。それが「不正」であることがわかってないということにおいて、その人は「愚か」なわけです。
 もう一つは、「悪意」から来るもの。「不正」であることを知りつつ為すという場合。
 この大別的区別の基準は、不正を為す当人が「不正」であることを知っている(→悪意)か知らない(→愚か)か、ということで押さえてもらえればいいと思います。

 *

 世の中に「不正」というのが現にあって、そして、それを為す「愚か」な人や、「悪意」のある人が、現にいる、ということ、このことを知らない人もいるみたいです。たぶん、「子供」はそういうことを知らないかもしれませんね。(という意味で「子供」は下で言う「聖人」に似てるんだと思います。)――あとまあ、こうしたことを知るのは「世知辛い」ことかもしれなく、そういう意味で、「知らない方がいいことだ」という考えもありえそう(「世間知らず」肯定主義?)。だけど、これはまたちょっと違う話になってくるでしょうか。――
 ともあれ、と言いつつも、究極を考えれば、「不正」はありうるのか、「愚かさ」や「悪意」はありうるのか、という問いは立てられうる、とは思います。「全くの狂人」でなければ、どんな人にも最低限の「理性」は備わっていて、その限り「愚か」ではないし、また「悪意」なんてものもありえず、その人なりの何らかの「善意」によってなされていて、それが今のところ見えないだけだ、という考えになるでしょうか。
 こう考えるのは、「絶対不可能」ではないのでは、とも思いますけど、しかし、あまりにこのような考えに傾き過ぎるのも、どうかとも思います。それは「普通の人間」にできることではないのでは、という。何となく、それはある種の「聖人」にのみ可能なことで、そういう意味で「宗教的」な感じすらします。
 あとはまあ上で「全くの狂人」と述べましたけど、そういうものを認めて、「人間」である限り完全に全ての人が何らかの意味で「まとも」であると考えないのであれば、やはり、「愚かさ」や「悪意」があるということを認めることになるのでは、と思います。

 と書いてちょっと思いましたが、世の中にそういうものがあるということは知っているけど、まさか自分がそれに遭遇するとは、自分の目の前に出会っている人がそういう人だとは信じられない、こういう場合の方が普通なのかな、とも思いました。(世の中にいろいろな種類の病気・難病があることを知ってはいるけど、まさか自分や自分の近しい人がそうなることを信じられない、というのは普通のことかもしれなく、これに似ているかもしれませんね。)
 なんで、「聖人」にでもなるつもりでもなければ、やはり、出会っている「その人」が、「不正」を為していること、その意味で「愚か」であるか、あるいは「悪意」のある人であるということ、このことを「よく自分に言い聞かせる」ことが、この場合必要になるのかな、と思います。

 *

 モラハラの話と、その次の「愚かさ」や「悪意」があることを知らないという話と、あまり考えずに順に述べましたが、これらは関係するのではないかなとも思えてきました。
 まあ「宗教的」な「聖人」レベルまでいかなくても、たいていの人は、一緒にいる人がとりあえずはある程度まともであることを前提にその人と付き合う、それが普通かもしれませんよね。ただもしかしたら、人によって、「愚かさ」や「悪意」への感度に程度差があるかもしれず――あるいは状況によってそれらの存在が隠蔽されて、「わかりにくく」されることもあるかもしれません――、モラハラをするモラル・ハラッサーはそれを「利用する」のかもしれません。
 その状況は、ある種の「美徳」=「モラル」を盾にできる状況なんだと思います。上で言ったのだと、「とりあえず「まとも」と見なす」、という「モラル」でしょうか。

 モラル・ハラスメントに関しては、イルゴイエンヌという人が、その概念の提唱者みたいです。その著書で、モラハラの代表的な現場として、「家庭」と「職場」が挙げられているみたいです。 
 このどちらも、ある種の「美徳」=「モラル」が機能する場だということかもしれませんね。「家庭」なら「いい夫」ないし「いい妻」あるいは「いい子供」「職場」ならその職務に対する「真面目さ」、ごく簡単に言うならこういう感じでしょうか。
 こういう「モラル」が逆に「盾に取られ」ちゃうんですね。(まあなぜそのようなことが起こりうるのか、とりあえずは「悲しい現実」とでも呼ぶしかないんでしょうか。)その「盾」に隠れて、その陰から、攻撃を仕掛けてくるということだと思います。言ったように、これは本人が意図せずほぼ癖のような感じで為す、その限り病的とも言えるような、「愚かさ」から為される場合もあるし、そして「悪意」から為される場合もあるということだと思います。
 ――しかし、おそらくは、「愚かさ」と「悪意」の両方が渾然一体となっているということも、おうおうにして、ありそうに思います。その渾然一体が「愚か」であるとも言えると思いますし、また、だからこの場合そこにはすでに「悪意」も含まれているということにもなると思います。

 *

 さて、ややつらつらと述べてしまいましたが、何が言いたかったか。
 簡単に言うなら、「不正」はあるんだから、「愚か」な人や「悪意」のある人は居るんだから、そういう存在はどこかで「切り捨てる」べきなのでは、ということでしょうか。(その場合、心理的、物理的、経済的等、様々な「関係」に対する「切り捨て」がありうるのではと思います。)
 対処法の大別としては、「逃げる」か、「闘う」か、だと思いますが、このどちらもそれぞれの仕方での「切り捨て」だと思います。(でも、「闘う」の方は、ある種の「関わり」ですね。)
 「愚かさ」や「悪意」を切って捨てずに、果敢に立ち向かい、あまつさえ「救済」さえする、そんな「宗教家」や「革命家」になるつもりがあるなら、別だと思いますけどね。ただもちろん、実際は、例えば宗教家としても、その「切り捨て」をうまく駆使しながらやるんだと思います。しょせん有限な力しか持たない人間なので
 この場合は「関係」の切り捨てですが、「捨てる」ということも大事な、きっと奥の深いことなんでしょうね。(仏教の「智慧」とはつまり「捨てる」のことだという考えもできるみたい。ソースは…とりあえずは、私(笑))
 学んでいきたいですね。

 ☆☆☆

 あ、最後に。自分が「モラハラ」の本(さっきのイルゴイエンヌさんの、その前には女性装の安冨歩さんの関連だったかな)を読んだのは、それが「教会」におけるある種の「問題」に関わりがありうるかなというのが、一つの動機でした。「教会」もある種の「美徳」=「モラル」が機能する場所だと思うので、その限り、まあそんなに外してはいないじゃないかなと今でも思っています。本来「よかれ」と思ってある場所なりが、悲惨を生むような場所になってしまうのは哀しいことだと思うので、ちゃんと考えられてよい問題ではないかなと思っています。

 

************************

【補足】タイトルに括弧を付けて(モラル・)とやっていたが、というのも、上記の話は、ハラスメント=嫌がらせ一般にも通じるのではないかと思う。
 「嫌がらせ」はおそらく、「敵対」ではない。それはおそらく、ある共同体、仲間内の中で為されるものなのではないだろうか。セクハラにしても、パワハラにしても。(他はどうかな。)
 共同体、仲間内の間で、ある「規範」が共有されていて、「嫌がらせ」はその規範を利用して――おそらく、表向きその規範に従いつつ、別の目的でそれを利用する――なされる。その限り、一種「卑劣さ」が付きまとうもののように思われる、が、どうだろう。
 共同体内・仲間内で行われるということが、共同体外・非仲間内(=敵)の間で行われる「敵対」や「闘争」とは異なるところ。「敵対関係」「闘争関係」において功績をなしたものは「英雄」として称えられるが、「卑劣」な「嫌がらせ」にはこうした賞賛の対象はないように思われる。

金メダルと銀メダルの話――怒りについて

 恋人がいます。彼女にはこれまで、いろいろな話を聞いてもらってきました。

 これまでも少し書いてきたように、実家の天理教教会のこと、父(そして母)との関係のことが、自分には、ずっと誰にも話せないで来たようなところがありました。

 もちろんこれは彼女との間においてもそうで、そのたびに「何も言えなく」なり、そのたびにやっと「口を開く」「心を開く」というプロセスが何度もありました。(周回的にやってくるその“鎖国”状態のことを「とじこもり」と呼んでました。)

 ということで、最近彼女と話したことで印象深く思えた話について書きます。金メダルと銀メダル(そして銅メダル)の話。

 ★

 もともとは、たぶん、怒りについての話題でした。何か相手に伝えたいことがあるときに、怒りを交えずに語った方がよいよね、という話です。

 おそらく、理想を言えば、その通り、物事を伝えるときに怒りを交えずにした方がよい、のではないでしょうか。少なくとも、そういう言われ方をすることは多いように思います。

 私自身も、最初はその“理想論”に立った上で、話していました。そして、ときに怒りを交えて語った方がいいことがある、という考えがありそうだけど、それは間違いなんだと思う、ということを言っていました。

 恋人の方はそれに納得いかないものがあるようでした。なんとなれば――

 ★

 ――でもさでもさ、怒っちゃいけないということを思い過ぎて、何にも話せなくなっちゃうということになるくらいだったら、怒りが交ざってしまうけどそれでも伝えるという方のがいいんじゃない?

 ――でも怒りを交えない方がいいことはいいんだよね?

 ――そうかもしれないけど…、交えない方がいい、かもしれないけど、絶対に交えちゃいけないわけじゃないんじゃないのかな。

 こう考えたらどう? 怒りを交えず冷静に話せたら金メダル。怒っちゃいけないと思って、でもそれで伝えることを伝えられなくなっちゃうのは、銅メダル。怒りが交ざっちゃうけど、でもそれで伝えることを伝えられるのは、銅よりはよいことで、銀メダル。

 ――にゃるほどー…、そっか、おれ、金メダルにこだわりすぎるトコがあって、それでいつも、てゆか何度も何度も、銅メダルだったもんね…。たしかにそうかも…

 ★

 ということで、以前のエントリーにも書いたことがありますが、私は「自分の心を知る」とか、いやそれよりももっと手前かな、もっと単純に、「自分のしたいことを話す」「自分の感情を表に出す、表現する」ということが、けっこう、かなり(いや極度に?)苦手なところがあって、それは、金メダルにこだわりすぎるところがあるから、というのも、その一因になっているように思われたのでした。

 それでいつも、現に!これまで何度も、「銅メダル」=「とじこもり」だったのですが、それはホントに、ある一つのことについて、それが「言えない」と思うと、その他全てのことについても、もう何にも言えない、もう話なんて何もできない、(ひどいと、もう別れよ…という気分に、おそらく実際の「問題」はぜんぜん違うとこにあるのに)という状態になっていたのでした。

 ★

 「怒り」ということで考えてみるなら、おそらくは、ちょっと難しいところもあるような問題かもしれません。

 怒りをぶつけても、黙っているよりはいいか、それとも、冷静になれずに怒りをぶつけてしまうよりは、黙っている方がいいか。

 「怒っちゃダメ」という言葉は、怒りを内側にためこんで内側を責めさせるようなものにもなりうるんだと思います。そのことがとっても「毒」な状態で、それよりはだったら怒りを出した方がいい、というのは、ぜんぜんありそうなことに思います。自分の経験をかんがみても。

 今回はここまでとしたいと思いますが、この問題って、自分の教会での経験のことを考えるときにも、かなり重要な問題そうな気がしています。(ちょっとだけ言ってみるなら、集団においては怒りを露わにすることよりも、ただ黙って従う方がよいとされる場合があって、そのことが実は怒りのエネルギーを内側にためこませてしまって、というような…)

 ★

 黙っているのと怒りをあらわにするのと、どっちがいい?

 黙っているより、怒りをあらわにした方がいいときもあるんじゃないかしら?

 てな話でした。